成果の出るランディングページを作成するには一覧が必須

現代ではWEBビジネスに限らず、物販、各種サービスともインターネットやスマートフォンは、なくてはならない販路となっています。また、企業イメージや経営方針などをWEB上でアピールすることも、極めて大切なことであり、ホームページの構築は必須となっています。極論すれば、ホームページが存在しない企業は、その信用度も低下してしまうのが現状です。そこで、ここ数年来、各企業はホームページの充実に力を注ぎ、ホームページのコンテンツを充実させるとともに、ホームページからダイレクトで自社製品やサービスを購入できるようにしてきました。しかしながら、各企業がこぞってホームページからの販路を確立していくと、同業他社間での差別化が困難になり「どれも似たようなもの」といった事態に陥ることになりました。つまり、そこから抜け出すための新たな方策が必要となってきたのです。

そこで、競合他社からの差別化を図るため、各企業は試行錯誤を重ねた結果、ホームページとは別に販売に特化したWEBサイトを構築して活路を見出します。これが、ランディングページと呼ばれるものです。ホームページが会社概要や自社製品をカタログ的に掲載するのに対し、ランディングページは一つに商品または一つのサービスに絞った構成を基本としているため、ページ数は1ページが基本であり、サイドバーやヘッダー、フッターも存在しません。このようなシンプルな構成とすることで、ランディングページへの訪問者の集中力を削ぐことなく、自社製品やサービスを紹介することを目的としているのです。ランディングページといった新たなコンテンツが広まりつつあった頃には、シンプルなWEBサイトでありながら、制作するためのツールが全く整備されていなかったため、業者に外注するしか術がなく、10万円から50万円の費用が必要でありました。したがって、個人のサイト運営者などは参入が困難でした。

こういった状況が一変するのが、ワードプレスの出現です。ワードプレスは、ブログを構築するためのツールですが、無料ブログとは異なり、編集に対する自由度が高く、余計な広告等も表示されないため、ランディングページのような販売に特化したWEBサイトの構築には最適なツールだと言えます。加えて、無料で提供されることから、個人のサイト運営者は当然として、多くの企業や事業所が、ワードプレスを用いたランディングページを導入することとなりました。しかしながら、すぐに売り上げに結びついたのは、ほんの一部であり、多くのサイト運営者は導入以前と大きな変化が見られないのが実情でした。これは、ランディングページの本質を理解しないでWEBサイトを構築したことが大きな要因であり、これを機に実績を伸ばすためのランディングページの作成方法をまとめたノウハウが、数多く発表されるようになりました。

ランディングの目的は、見込み客の欲求を充たすことです。極めてシンプルな発想ですが、実はこのことが反映されていない、ホームページの簡易版といったWEBページが乱立しているのが現状です。言い換えれば、見込み客の欲求を充たすランディングページが構築することができれば、業者に高いお金を払って制作してもらわなくとも、ワードプレスを用いて無料で制作することができます。つまり、実績の上がるランディングページを制作するためには、まずは、その目的を再認識し、コンセプトを組み立てることから始めなければなりません。そこで、ランディングページ制作の大まかな手順は、その過程を一覧にすることから始めます。具体的には、ターゲットの絞り込み、販売する商品やサービスの強み・コンセプト、見込み客の欲求を充たすための方策、期間限定の特典・キャンペーンです。つまり、この一覧がランディングページのコンセプトであり、設計図にもなっていくのです。

実際にランディングページを製作するには、ここで作成した一覧を基本としたストーリーを構築していきます。ランディングページは、1ページのWEBサイトですから、見込み客である訪問者はサイト上部から下部に向けて読み進めることになります。したがって、単に商品やサービスを説明するだけでなく、まずは見込み客が抱えているであろう不安や欲求に切り込んでいき、それらを解決する方策を提案します。その時点で、初めて自社製品やサービスを紹介する流れになります。ここから、見込み客にアクションを起こさせる詰めのパートとして、期間限定の特典やキャンペーンを示して販売へと結びつけます。つまり、見込み客の不安や欲求を煽り、解決策を示すとともに、期間を限定することで購入に対する煽りを生み出すのです。もちろん、文章の羅列だけでは見込み客が飽きてしまいますから、画像や動画、漫画などのコンテンツを盛り込むことで反応率はさらに高まり魅力的なランディングページを制作することができるのです。