医療関連のランディングページ制作

医療関連の施設も多くの患者を呼ぶためにはwebでの情報提供が必須です。ランディングページに新しい設備を導入したことや従来の施術よりも痛みが少ないなどの優位点をアピールすることで他院よりも良いことを知ってもらうことができます。医療関係は薬機法や医療法によって公開できる内容が制限されています。そのため他の業界のように自由に広告することができません。新しい設備なら症状に悩む患者に対して有効な診療ができるとしても、それを知らせる手段がありません。差をわかってもらえないとなかなか新規の患者は来院しません。そのような状況を改善するのがwebページによる情報提供です。看板やチラシなどの広告と違ってある程度詳細な内容を掲載することができます。そして言葉で表しにくい部分を画像による説明でカバーすることも可能です。

法律で制限によって、専門の医薬品や医療機器の広告をすることはできません。それは専門知識がない一般の方々が安易な広告表現によって疾患が治ると勘違いすることを防ぐために決められていることです。また、診療科などの記載も法律で決められた記載しかすることができません。診療科の表現は患者にとって実際よりも広い範囲で診療をしてもらえると勘違いをする恐れがあり、決まった表現で統一することで適切に医療機関を選ぶことができるために規制されています。このような規制を十分理解した上でランディングページを製作する必要があります。詳しい内容は、広告基準として公開されているので確認しておいた方が安心です。不安がある場合には所在の都道府県庁に確認することもできます。

広告ができない範囲があるためランディングページを製作することが困難に思えますが、実施にはルールを守ればある程度の情報提供することができます。例えば医療機器の広告をするのではなく、それを使って行われる手技の説明を行うと言うものです。直接の表現を避けて大まかな流れを説明することで他院との差分をアピールすることができます。アニメーションによる流れの説明は、他院との差分を明確にするだけではなく、その施術を受けるかもしれない患者に対して安心材料になる効果が期待できます。また診療に必要な内容を記載しておくことで、関係のない症状での来院を減らすことができます。特殊な分野のランディングページなので製作は困難になりますが、苦しんでいる患者のサポートになる大事な架け橋になります。