ランディングページのurlが短くなるドメイン名にする

広告にリンクしているランディングページは、トップページや、取り扱っている商品やサービスの内容を詳しく説明するページがあるホームページとは別に制作され、非常にシンプルな構成となっています。商品やサービスの説明を単一のウェブページで完結させて商品やサービスの売上高の向上に繋げるものになります。

ランディングページは、ルートディレクトリの一部であるサブディレクトリに設置するよりも、ルートドメインにあるコンテンツからは独立しているサブドメインに設置した方が一定のデータ容量が確保できるので適していることになります。ホームページを立ち上げておらず、ランディングページだけを制作したい場合は、業種に適合しているトップレベルのドメインを探し、商品やサービスの分野や名前が分かるものを選ぶのが適しています。日本語でもドメインを取得することができますが、SEOの側面から考えるとメリットが多いか、デメリットが多いかについては、はっきり分かっていません。ドメイン名が長いと、ランディングページのurlも長くなってしまうため、意味が通じるが、できるだけ短いものが適しています。ある大手の広告出稿サービスでは、広告グループの中のurlはドメインを同一にする必要があります。ランディングページのアクセス解析をするときに、サブドメインを使ったurlのウェブページも使ったときに、1つ広告グループとして見なされるためには、クロストラッキングを設定する必要があります。

オリジナルのドメインを利用するときには、大手検索エンジンの検索結果を表示する画面には解析された方のサイトリンクが掲示されます。サブドメインを使っても、サブディレクトリを使ったときと同様に掲示されますが、検索エンジンは、サブディレクトリが掲示される方がルートドメインに良い評価を与えることができるとされています。そして、ある大手の検索エンジンを利用して検索した結果は、同じドメインと、サブドメインの件数が限定して表示されていた時期がありましたが、近頃は多少制限が緩やかになってきています。ですので、その対策のためにドメイン名を変更する必要はありません。また、ランディングページのurlは最上位のドメイン名を設定して、更新する階層をそのディレクトリに設けておくと、ランディングページで取り扱っている商品やサービスの内容が変更されたときに、その階層を利用できるのでリニューアルに対応しやすくなります。