ランディングページの効果を上げるイラスト

リフティング広告で集めた顧客予備軍を、目的のサイトに導くのがランディングページの役割です。利用者はキーワード検索によりこのページまでたどり着きます。そこから目的のページに誘導するには、このページが魅力的でなければなりません。ランディングページ制作会社は、競合との差別化を図るため、イラストを利用する場合があります。全てのコンテンツでイラストが利用可能ではありませんが、夢を描き、想像力をかき立てるページを作るには、イラストの利用も効果的です。競合のランディングページが写真をメインにイメージを作っている場合は、さらに効果的です。ランディングページの効果は、どれが在る場合と無い場合を比較することにより、鮮明になります。検索キーワードで誘導された顧客予備軍は、検索キーワードから得られるであろう、サイトのイメージを持っています。実際のサイトが、そのイメージとかけ離れたものである場合は、顧客予備軍はすぐに離脱してしまいます。離脱のしやすさが、インターネット上でのサイトの特徴です。ランディングページは顧客が検索キーワードに持っているイメージと、実際のサイトのイメージのギャップを埋める役割を果たします。顧客はランディングページを経由することで、スムーズに目的のサイトに誘導されていきます。いかに顧客を離脱させないで、次のアクションにつなげるかは、ランディングページのイメージづくりにかかっています。イラストがイメージづくりに効果的なのは、やさしい雰囲気をかもし出すからです。商品やサービスがやわらかい雰囲気のものであれば、その効果はいっそう引き立ちます。イラストの作成も、ランディングページ制作会社の役割です。魅力的な絵を描く書き手をそろえ、その絵の目的を熟知しているので、他の書き手に頼むよりも良いものができます。イラストは単独では存在せず、検索キーワードの持つイメージから離れないものが優れています。ランディングページは顧客予備軍を目的のページに誘導するのが役割なので、商品やサービスの細かな説明は目的ではありません。優れたイメージこそが、そこでは求められています。したがって、色使いも明確な決まりがあります。重要度の低いものから重要度の高いものへと顧客予備軍の視線を誘導するための戦術が、色使いには隠されています。会社の立場ではなく利用者の立場になって作ることが、このページでは何よりも必要なことです。