高品質のランディングページの制作にはイラレがおすすめ

Webサイトを開設してビジネスの成功に結び付けたい場合は、ランディングページを慎重に作成することが重要です。Webサイトを訪問した人が最初に見るページであるため、そこに魅力がなければ他のページを見てもらえません。たとえば最初に見るページがショップの紹介であれば、ここで購入したいと感じさせる要素を盛り込む必要があります。そのためにはアイデアが重要なのは言うまでもないですが、それだけでは不十分です。そのアイデアを実現するための手段を用意しなければなりません。そのためのツールは多く存在しますが、そのなかでも特に人気があるのがイラストレーターというソフトです。イラレと略されることが多く、グラフィックデザインをするときに用いられるプロ仕様のソフトです。イラレはとても高性能なソフトですが、ランディングページの制作に用いるには専門知識を先に習得しなければなりません。なぜなら個人的にペイントツールでデザインする場合とは異なり、制作したランディングページは非常に多くの人が見ることになるからです。さまざまな環境の人が見るため、自分がきれいに見えていても、汚く見える人もいることを考慮しておく必要があります。そこで最初のポイントになるのは単位について意識することです。イラレでデザインをするときは、環境によって変化する単位と変化しない単位を選択できます。決まった環境でしか見ないのであれば前者でも構いませんが、不特定多数の環境で見ることを想定しているなら後者にするのが望ましいです。特に理由がなければ、相対的な単位であるピクセルを選んでおきましょう。
もう1つ大切なことはイラレの用途に関する理解です。このソフトはWebページを制作する専用のツールではありません。紙媒体の広告の制作にも用いられるなど、とても用途が広いです。そのため、自分の想定とは異なる仕上がりになるケースがあります。たとえば紙媒体用としては滑らかなデザインができたのに、Web上に配置すると滑らかでなくなるケースなどです。これはファイル形式の違いによって起こりうる減少といえます。Webページで使用するには、仕上げたデザインをWebで使える画像ファイルに変換しなければなりません。その際、圧縮率が高いフォーマットを選んでしまうと、画像が荒くなってしまうのです。そのため製作中もプレビューで確かめながら作業することが重要です。どのように表示されるのかチェックしながら修正を加えましょう。