ランディングページを運用するメリット

ランディングページは、主にリスティング広告をリンク元として設置されます。リスティング広告は、検索エンジンで検索したキーワードと関連した広告が表示されるようになっているため、クリックをしてくれた人は興味、関心があることになります。そして、そういった人たちを直接購入や問い合わせにつなげることを目的として運用がなされます。誘導するためには、理解をしてもらい、行動に移すだけの決心をしてもらう必要がありますので、ランディングページは消費者目線で、一般的に気になる点について解説をしたり、不安を取り除くような作りになります。また、すでに興味のある人を対象とするので、一押しをするために目立つ文字や写真が多用される傾向にあります。とにかく、閲覧した人の心をつかんで逃がさないのが、ランディングページつくりには求められます。

ランディングページ制作の具体的な方法は、ホームページを製作するのと同じです。違うのは、その構成です。最初にページに訪れた人が直帰しないためには、最初のつかみが重要になりますので、最初は興味を引く内容で考えます。例えば、商品を利用すればこういった結果が出る、といったことや、こういった悩みがありませんか、といったようにその商品のターゲットとする人が持ちやすい悩みを提示したりします。そうすると、それに関心がある人は読み進めてみようと考えるので、直帰されてしまう可能性はなくなります。そして、それだけで中身がなければ途中で読むのをやめてしまうので、話を広げていきます。ここで、具体的な商品やサービスのメリットやそれを裏付ける証拠を示すなどして、厚みを出します。もちろん、だらだらとして長い文章は読む気がうせてしまうため、視覚的な情報で訴えることも必要です。これは、強調をするために大きな文字やカラフルな文字など、適宜バランスよく活用します。これも、使いすぎるとかえって胡散臭くなりますから、ほどほどにしておいた方が良いです。

ランディングページの運用をするにあたっては、まずはページを作成する必要があります。これは、ホームページ作成スキルがあるのならば、構成を考えて自分で作っていくことはさほど難しくはありません。それがない場合は、ランディングページをテンプレートを組み合わせて作っていくことができるサイトや、ホームページ制作を代行している会社のサービスを活用するなどして、用意するようにします。