dora麻雀が法律上問題ない理由

dora麻雀は日本人がプレイしても法律にふれません。それはなぜか不思議に思う人もいるでしょう。日本では賭博罪、常習賭博罪という法律があるので、金品をかけてギャンブルをすることは違法です。日本には雀荘と呼ばれるお店が存在します。そこでは実際に金品をかけて麻雀が行われていることがあります。過去に友達どうしで少額のお金をかけて麻雀を遊んだことで逮捕された例はほぼないようです。ここで誤解をしてはいけないのは、厳密に言うとわずかなお金でも賭けごとをしたら違法です。

捕まった例がほぼないのは、警察もそこまで暇ではないので見逃されているということにすぎません。そう考えると、dora麻雀はインターネットを通じてデータのやり取りをするので証拠が残ってしまいます。もしも警察に目をつけられたら言い逃れはできないのではないかということです。そしてプレイヤーよりも罪が重くなりやすいのが場を提供している運営です。dora麻雀の運営が逮捕されてしまったら預けておいたお金はどうなるのという問題が発生します。

ところが、dora麻雀は違法ではないのでこの心配はいりません。それはなぜかというと、dora麻雀は海外の企業が運営しており、サーバーも海外にあるからです。インターネットは世界中どこからでもつながりますが、一応の住所が存在します。インターネット上の住所といえるのがサーバーです。そのサーバーが海外にあるので、日本の賭博罪、常習賭博罪は適用されず、法律にふれません。将来もずっとこのような扱いがされるという保証はないものの、現在の法律のままならdora麻雀を日本人が遊んでもなにも問題がないということになります。しかしグレーゾーンという意見もあるので、大金を預けておくことはやめておきましょう。もちろん、最初の一歩のネットカジノとしておススメなのは変わりありません。