視覚に訴える動きのあるランディングページは効果あり

費用対効果の高いランディングページを利用する企業は多いです。ネットのリスティング広告からアクセスしてくれる消費者が多いので、少なくとも自社の売りたい商品やサービスに興味を持ち、潜在的に購入してもらえる可能性は高いです。せっかくの優良顧客になりそうな消費者を取りのがすわけにはいかないので、ランディングページの内容をしっかりしたものにしなければなりません。

ランディングページでは、ファストページに一言でわかるようなキャッチコピーを配置します。キャッチコピーを見て、まず消費者の気持ちを購入したいと思わせることが必要です。また、テキストデータばかりでなく、商品の画像などをしっかりと配置することが必要です。できれば、動画を配置するとよろしいです。人は、まず資格的に魅力の有無を判断します。画像とテキストデータだけでは表現できない商品の良さなどを、動画を利用することにより、訴求することが可能です。商品を利用しているシーンをいくつか用意することもよろしいですし、例えば化粧品や健康食品などの場合ですと、利用した結果について動画でまとめることも良い方法です。

最近では、まんがを利用して、商品やサービス内容を説明するランディングページもあります。1枚に情報が凝縮されていますので、上から順次最後まで内容を確認してもらえるようにするのです。動きのあるランディングページならば、興味を持って、内容を読み進めることができますので、すぐにページを閉じさせてしまうようなことはなくなります。

ページを作成するためには、企業の担当者からの意見や要望を聞き入れて、企画書を作る担当、テキストデータを作る担当、デザイナーなどが、分業している場合が多いです。ほとんどの場合、企画書を作った人が責任者になることが多く、ページができましたら、企業の要望を満たしているか否かの総合的な判断をしますし、企業に出来上がったランディングページを確認してもらうのも企画の担当者になります。

ランディングページ作成の需要が高く、中小のウェブ業者は、人が足りない状態です。ランディングページの制作会社ではデザイナーを募集しているケースがとても多いです。特に動きを持たせた充実したページを作るためには、センスの良いデザイナーの能力が必要になります。ホームページを作成した実績のある人ならば、ランディングページ作成のノウハウは知っているはずです。しかし、ホームページ以上にセンスが必要になりますので、誰でもできる仕事ではありません。